声楽家 ソプラノ 楠永陽子

プロフィール

大阪音楽大学音楽学部声楽学科卒業、同専攻科修了。

2012年11月、日生劇場開場50周年記念公演「フィガロの結婚」(広上淳一指揮、菅尾友演出)にスザンナ役で出演、改めて高い評価を確立した。

特にモーツァルト作品におけるスーブレット歌手としての評価が高く、2005年、大阪・河内長野マイタウンオペラ「ドン・ジョヴァンニ」(牧村邦彦指揮、松本重孝演出)ゼルリーナ役で本格的なオペラ歌手として開花した後、2006年に河内長野マイタウンオペラ・フレッシュ「フィガロの結婚」(牧村邦彦演出)にスザンナ役で出演。続いて同年中にひろしまオペラルネッサンス「フィガロの結婚」(デリック・イノウエ指揮、岩田達宗演出)、同プロダクションの新国立劇場地方招聘公演(新国立劇場中劇場)でも同役を務め、高く評価された。2007年には大阪音楽大学ザ・カレッジ・オペラハウス「フィガロの結婚」(本名徹次指揮、松本重孝演出)でも同役を務めている。

他に、「フィガロの結婚」バルバリーナ(堺シティオペラ/中村敬一演出)、「ドン・ジョヴァンニ」ヅェルリーナ(大阪音楽大学ザ・カレッジ・オペラハウス/大勝秀也指揮・松本重孝演出、ひろしまオペラルネッサンス/M・アレーナ指揮・井原広樹演出、ほか)、「魔笛」パパゲーナ(大阪音楽大学ザ・カレッジ・オペラハウス/山下一史指揮・岩田達宗演出)、「ラ・ボエーム」ムゼッタ(みつなかオペラ/牧村邦彦指揮・井原広樹演出)、「アマールと夜の訪問者」アマール、「リータ」リータ、「スザンナの秘密」スザンナ、「ポッペアの戴冠」ドゥルシッラ、「ドン・カルロ」テバルド、「ジャンニ・スキッキ」ラ・チェスカ、「修道女アンジェリカ」看護修道女等に出演、いずれも好評を得ている。

動画でご紹介

過去の実績を動画でご紹介

  • 安田音楽制作事務所facebook
  • やすおん社長のInstagram
  • アンネの音楽教室講師・中坂文香先生のブログ
  • ヤスオンのハンディーウーマンPスケさんによるやすおんブログ
  • 求ム味のある演奏家
  • 幹事代行ドットコム
  • 滋賀ユナイテッドを応援しています
  • 出張演奏企画・究極の混声四部合唱